WordPressのメタ情報の不要項目を非表示にする3つの方法

カテゴリー別今日の人気ランキング
スポンサーリンク

WordPressデフォルトのウィジットに「メタ情報」がありますが、普段良く使う「ログイン」、「サイト管理/ログアウト」以外の「投稿の RSS」、「コメントの RSS」、「WordPress.org」を非表示にする方法です。

1.非表示にしたい箇所をコメントアウト

一番簡単な方法は、

  • wp-includes/default-widgete.phpを開きます。
  • 「メタ情報」を表示しているWP_Widget_Meta クラスの箇所を探します。
  • 非表示にしたい箇所を「<!- -」(4行目)と「- ->」(23行目)で囲みコメントアウトします。

この方法では、WordPress のバージョンアップの度に変更が消えてしまうので、その都度修正が必要になります。

2.ウィジェットの「テキスト」を利用する方法

元の「メタ情報」ウィジェットを削除して、代わりにWordPressのデフォルトのウィジェット「テキスト」(テキスト文かHTML文が記述できます)を利用してリンクを貼る方法です。

この方法は、WordPress のバージョンアップに影響されないという利点がありますが、他の2つの方法に比べて、「ログイン」⇔「サイト管理/ログアウト」の切り替えが出来ないという欠点があります。

メタ情報の不要項目を非表示

3.ウィジェット化

上2つの方法の欠点を解決するには、良く使う項目だけを残した簡単なウィジェットを自作して、子テーマのfunction.phpに登録して使うのが、色々と都合がいいと思います。

ウィジェットの作り方については、こちらを参照してください。

ウィジェット化のメリット 過去記事の内容を修正、追記したことをユーザーに通知したい時があります。ですが、WordPress には新着記事の...

下のウィジェットをコピーして子テーマの function.php に追加すると、「利用できるウィジェット」欄にこのウィジェットが追加されます。

あとは、通常のウィジェットと同様にサイドバーに設定すれば、このウィジェットが使えるようになります。元の「メタ情報」ウィジェットは削除します。子テーマへのウィジェットの追加方法はこちらです。

クイックタグとは WordPressで原稿を作成する時に、HTMLエディターに記事内でよく使う見出しなどのタグをボタン(クイックタグ)とし...

WordPress 関連 おススメ記事

スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする