WordPress テキストウィジェットでショートコードを使う方法

カテゴリー別人気ランキング

はじめに

Simplicityは「記事本文上」「下」と「投稿SNSボタン上」「下」にウィジェトエリアが設けられていています。ここに「テキスト」ウィジェトを置いて、過去記事を変更することなく、定型文を全記事に挿入するショートコードを、利用できるようにする方法です。

ショートコードの作り方、使い方はこちらを参照してください。

自作ショートコードで記事・固定ページにPHPファイル(定型文)をインクルードする
ショートコードとは WordPressではショートコードを自作して、好きなときに使うことができます。ショートコードとは、「function...

ウィジェットでショートコードを使えるようにするには

ショートコードをウィジェットで動かすためには、下記の 1行(add_filter)を functions.php に追記すればOKです。これで、ウィジェットでショートコードが使えるようになります。

add_filter の記述場所は functions.php の中であればどこでも構いませんが、下の例では、ショートコードの関数を記述した次の行に書いています。

ショートコードをテキストウィジェトで使う

ウィジェットを使って、定型文を全記事に挿入する

Simplicity は、デフォルトでSNSボタンが表示されるようになっています。このSNSボタン上に「SNSフォロー文」を追加します。ウィジェトを使えば、後からでも「SNSフォロー文」を全記事に簡単に挿入できます。

  1. ウィジェトエリア「投稿SNSボタン上」に「テキスト」ウィジェトをドラッグ&ドロップします。
  2. 「テキスト」ウィジェト内に「SNSフォロー文」を表示するためのショートコードタグ[phpinclude]を記述します( default.php を挿入)。
  3. default.php に、SNSフォロー文「応援・シェアをお願いします・・・・」を記述し、子テーマフォルダにアップロードします。

テキストウィジェットに記述

SNSフォロー文が、全記事に追加されました。

SNS下にテキストウィジェトを挿入

ショートコードを「テキスト」ウィジェトに記述できるようにすれば、固定ページを除いた過去記事を含む全記事に、いつでも自由に定型文を挿入できるので便利です。

スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!