ウィジェットの作り方:新着・更新記事ウィジェットの機能追加

カテゴリー別人気ランキング

新着・更新記事ウィジェットの機能追加

以前作成した、最新更新日順に公開記事と更新記事を「新着・更新記事」として一緒にサイドバーに表示する「新着・更新記事ウィジェット」に、人気記事ウィジェット「WordPress Popular Posts」(以下wppと記す) の閲覧数(テンプレートタグ)を使って、

  1. 「閲覧数」の表示
  2. 「更新記事(更新日順)」or「新着記事(公開日順)」のどちらを表示するか、をウイジェットから選択できる「表示モード」を追加
  3. 「投稿更新日時」と「閲覧数」の表示/非表示をウイジェットから設定

を行える機能を追加します。

「WordPress標準の新着記事」や「Simplicityの新着記事」には、記事の閲覧数を表示する機能がないので、閲覧数を表示したい場合は、こちらを使うと簡単です。

ベースとなった「新着・更新記事ウィジェット」の作成は下記ページを参照して下さい。

ウィジェットの作り方:新着・更新記事のウィジェット化と子テーマ運用
ウィジェット化のメリット 過去記事の内容を修正、追記したことをユーザーに通知したい時があります。ですが、WordPress には新着記事の...

WordPress Popular Posts の閲覧数(テンプレートタグ)

WordPressの基本機能では記事ごとのアクセス数はカウントしていないので、記事ごとのアクセス数を得るには、閲覧数を記録しているウイジェットなどを活用するのが一番手軽です。

当サイトでは、wpp を利用しているので、このウイジェットから、記事の閲覧数を取得すれば簡単です。

閲覧数の取得は、wpp がサポートしているテンプレートタグ
(管理画面の「設定」→「WordPress Popular Posts」→「FAQ」タブで確認できます)

  • 「wpp_get_mostpopular()」(ランキング表示)
  • 「wpp_get_views()」(閲覧数)

のうち「wpp_get_views()」を使います。

下のコードでは、$views にその記事の閲覧数が格納されます。

このように、テンプレートタグを呼び出して自由にカスタマイズして使うことができます。ここでは紹介していませんが、ショートコードも用意されているので、特定の投稿内でランキングを表示させることも可能です。

wpp のショートコードで人気ランキングを表示する方法はこちらです。

WordPress Popular Posts ショートコードで人気ランキングを表示する
WordPress Popular Postsとは WordPress Popular Posts(以下wppと記す)は、サイドバーやフッ...

3機能を追加したコード

上記記事のウイジェットに、3つの機能を追加したコードは下記になります。

ウィジェットの動作確認

「外観」→「ウィジェット」でウィジェット設定画面を開きます。機能追加した「僕のウィジェット」が「利用できるウィジェット」に追加されています。

後は、通常のウィジェットと同様に、表示したいウィジェットエリア(サイドバーエリア)に、ウィジェットをドラッグ&ドロップで移動させればOKです。「新着記事」と「更新記事」の2つを表示する場合は、それぞれに対して1つのウィジェットを使います。

新着・更新記事ウィジェットの管理画面

ウィジェットのラジオボタン、チェックボックスの ON/OFF で「表示モード」の選択と、「投稿更新日時」「閲覧数」の表示/非表示の切り替えが、さらに「タイトル」と「表示数」の設定が行えます。設定しなければデフォルト値が使用されます。

設置が終ったら、ページを開くとサイドバーに「新着記事」「更新記事」が表示されます。

新着・更新記事ウィジェットの機能追加

スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!