Google AdSenseでサイトの収益化(カスタムチャネル活用編)

カテゴリー別今日の人気ランキング

AdSense目次

  1. Google AdSenseでサイトの収益化(申請方法と一次審査まで)
  2. Google AdSenseでサイトの収益化(広告ユニット作成から二次審査まで)
  3. Google AdSenseでサイトの収益化(ポリシー違反編)
  4. Google AdSenseでサイトの収益化(広告コードの不正利用防止編)
  5. Google AdSenseでサイトの収益化(広告最適化ノウハウ編)
  6. Google AdSenseでサイトの収益化(Analyticsアクセス分析編)
  7. Google AdSenseでサイトの収益化(カスタムチャネル活用編)
  8. Google AdSenseでサイトの収益化(支払い手続き編)
  9. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善基本編)
  10. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善スピード診断編)
  11. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善モバイルフレンドリー編)

チャネルで広告ユニットをグループ化

チャネルとは、広告ユニットを「チャネル」という単位でグループ化し、そのグループごとにレポートを表示できるようにする機能です。AdSenseには、「カスタムチャネル」と「URLチャネル」の2種類のチャネルが設定可能です。

たとえば、広告ユニットを

  • ファーストビュー ⇔ 記事下
  • 記事ページ ⇔ サイドバー
  • Aサイト ⇔ Bサイト
  • A、Bサイトのトップ ⇔ A、Bサイトのフッター

でグループ化といったことが行えます。チャネルのメリットは、広告の表示位置ごと、広告のサイズごと、掲載サイトごとなど、自分の欲しいルールでレポートが作れることです。

当サイトでは、以下のようなグループ分けをしています。

  • サイト名+広告サイズ:

    サイトAレクタングル(大)、サイトAモバイル ビッグバナー、サイトBビッグバナー、サイトBハーフページ など

  • サイト名+設置場所:

    サイトA上部、サイトAサイド、サイトB上部、サイトB記事 など

チャネルを設定することで、どのチャネルがどれぐらいのクリック率になっていて、収益はどれぐらいなのか、インプレッション数はどれぐらいか、などのそれぞれのグループの傾向を早く掴め、今後の改善につなげていくことができます。

チャネルの作成

グループごとに広告ユニットの収益性を分析したり、サイトの特定のディレクトリやページをトラッキングしたい場合や、プレースメント広告を設定したりするには、チャネルの作成が必要です。

カスタムチャネル

  1. AdSenseホーム画面上部の「広告の設定」をクリック

  2. 「コンテンツ」→「カスタムチャネル」→「新しいカスタムチャネル」をクリック

  3. カスタムチャネルに「名前」を付け、左の広告ユニットからグループ化したい広告ユニットをチャネルに「追加」

  4. プレースメント広告として広告主に表示するには、「ターゲット設定」チェックボックスをオンにして必要事項を入力、トラッキングのみの場合はオフにします

  5. 「保存」して終了です

カスタムチャネルの作成

URLチャネル

サイトの特定ディレクトリやページをトラッキングする時はURLチャネルを利用します。

  1. AdSenseホーム画面上部の「広告の設定」をクリック

  2. 「コンテンツ」→「URLチャネル」→「新しいURLチャネル」をクリック

  3. トラッキングするURLを1行に1つずつ入力します

  4. 「URLチャネルを追加」をクリックします

URLチャネル

プレースメント広告

プレースメント広告は、広告主が、広告の効果が高く見込めると思われるサイトにだけ、掲載したいサイトや場所を指定して広告配信する形態で、人気のあるプレースメント広告は広告のオファーが増加するので、クリック単価が高いと言われています。

ウェブサイトがある程度の規模になり、PV数も増えてきたら、広告主に対して「私のサイトのプレースメント広告に広告を掲載しませんか」とアピールしてみるのもいいかもしれません。

プレースメント広告は、アドセンスに設定したチャネルごとに設定を行います。

  1. 「ターゲット設定」でチェックボックスをオンにすると、必要事項の入力画面が開きます

    プレースメント登録

  2. 広告の掲載先、掲載位置を記入・選択します。「広告の掲載先」に「掲載位置」を続けたものが「プレースメント広告名」(=外部向けの名前)になります。
    例えば、

    • 広告の掲載先を「旅行ページ」、掲載位置を「上中央」にすれば、「旅行ページ 上中央」がプレースメント広告名となります。
      広告主の検索にヒットしやすい名前付けがポイントになります。

    • この名前を変更すると、このチャネルの現在の単価設定はすべて失われるので、名前を決める時は、後で変更しないで済むよう慎重に行います。

    • また、プレースメント広告の広告ユニットを変更した場合は、必ずこの名前を変更しなければなりません。

  3. 説明欄に、広告主へのアピールポイント(どんなサイト、どんなテーマ、読者ターゲット、訪問者層、広告の位置・サイズ、月間PVなど)を100文字程度以内で記入します。説明欄はあとでも自由に変更が可能です。

これで終了です。

広告はユーザーから見ればコンテンツの一部です。サイトを運営する際に大切なことの1つは「ユーザーに価値を提供する」ことです。そんなサイトに成長するよう頑張りましょう。

また、AdSense アカウントと Google アナリティクス アカウントをリンクすることで、2 種類のレポートにアクセスして、AdSense の成果と Google アナリティクスのサイトに関するデータを組み合わせて分析できるようになります。

Google AdSenseでサイトの収益化(Analyticsアクセス分析編)
AdSenseとGoogleアナリティクスの連携 AdSenseの管理画面だけでは、「どのページでクリックされ、収益がいくらだったか」...
スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする