SEO対策に役立つアクセス解析ツール「Google Analytics」を設置する

カテゴリー別今日の人気ランキング
スポンサーリンク

Google Analyticsとは

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供している高機能なアクセス解析ツールです。

  • サイトの利用状況:PV、平均PV、直帰率、平均サイト滞在時間など
  • ユーザー サマリー:PV数、ユニークユーザー数、サイト滞在時間など
  • 地域のデータ:どの国からアクセスがあるのか
  • トラフィック サマリー:検索エンジン、他サイトなどユーザーがどこからきたのか
  • コンテンツ サマリー:どのページが良く見られているか

の項目見る事が出来ます。

サイトへ訪問した閲覧者のデータをGoogle Analyticsで収集するにはトラッキングコードと呼ばれるソースコードをブログなどの各ページに記述する必要があります。

Google AnalyticsのトラッキングIDとコードの取得

Googleアカウントの作成・登録

Googleアカウントを持っている方は、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。まだアカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」から新規作成します。

Google Analyticsのアカウント登録とトラッキングIDの取得

Googleアナリティクスにアクセスし、「アカウントを作成」をクリックします。

GoogleAnalyticsトップ

アカウント登録画面で、「アカウント名」、「ウェブサイト名」、「トラッキングの対象」などの項目を入力し、「トラッキングIDを取得」をクリックすると、利用規約の画面が表示されますので、「同意する」ボタンをクリックします。

以上で、Google Analyticsへの登録は完了です。Google Analyticsの管理画面が開き、サイトの「トラッキング ID」と、トラッキングしたいすべてのページに貼り付ける「トラッキングコード」が表示されます。

トラッキングID

このコードは、Googleアナリティクス「ホーム」→「アナリティクス設定」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」でいつでも見ることができます。

また、トラッキングコードをサイトに設置すると、自動的にAnalyticsの方で検知され「ステータス: データを受信しています」と変わります。

新たなウェブサイトを追加するには

「ホーム」→「アナリティクス設定」→「プロパティのプルダウンメニュー」→「新しいプロパティの作成」を選択します。

新しいプロパティの作成

「新しいプロパティ」画面が開きますので、「ウェブサイト名」、「ウェブサイトの URL」、「業種」、「レポートのタイムゾーン(日本)」を設定して「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。

新しいプロパティ登録画面

登録時と同じトラッキング情報の画面が表示され、新たなウェブサイトの「トラッキング ID」と「トラッキングコード」を取得できます。

Googleウェブマスターツールとの連携

ウェブマスターツールと連携すれば、Googleアナリティクスで「検索エンジン最適化」というメニューが使えるようになって大変便利です。方法についてはこちらを参考にしてください。
(注)「検索エンジン最適化」とは、SEO(Search Engine Optimization)の日本語訳です。

SEO対策に必須のGoogleウェブマスターツールの設置と使い方
Googleウェブマスターツールでできること Googleウェブマスターツールとは、Googleが提供している、主にSEO(検索エンジ...
スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする