Google AdSenseでサイトの収益化(広告コードの不正利用防止編)

カテゴリー別今日の人気ランキング

AdSense目次

  1. Google AdSenseでサイトの収益化(申請方法と一次審査まで)
  2. Google AdSenseでサイトの収益化(広告ユニット作成から二次審査まで)
  3. Google AdSenseでサイトの収益化(ポリシー違反編)
  4. Google AdSenseでサイトの収益化(広告コードの不正利用防止編)
  5. Google AdSenseでサイトの収益化(広告最適化ノウハウ編)
  6. Google AdSenseでサイトの収益化(Analyticsアクセス分析編)
  7. Google AdSenseでサイトの収益化(カスタムチャネル活用編)
  8. Google AdSenseでサイトの収益化(支払い手続き編)
  9. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善基本編)
  10. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善スピード診断編)
  11. Google AdSenseでサイトの収益化(スコアカード改善モバイルフレンドリー編)

知らないサイトに広告が表示された?

AdSenseは、一度承認を受ければ、他人のドメインやサブドメインであっても、自分のアカウントの広告コードが貼られた全てのサイトが、そのアカウントで管理されているサイトと判断されます。

広告コードを自由に使い回しができるというメリットもありますが、これを悪用されないための防止策です。

管理画面に「お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました」が表示されているときは、要注意です。理由は次のことが考えられます。

  1. 悪意ある第三者が、あなたのサイトの広告コードを盗用して、ポリシー違反サイトに貼りつけたり、不正にクリックしている。
  2. ユーザーが、Google検索結果のキャッシュページを表示し、そのページに広告が表示された。
  3. 海外ユーザーが、翻訳サイト経由で閲覧し、その翻訳ページに広告が表示された。

1番目が理由の時は、すぐに対策を打つ必要があります。違反サイトに貼りつけられたり、不正クリックが続けば、AdSenseのアカウントが停止になる恐れがあります。

サイト認証で広告コードの不正使用の防止

AdSenseの「サイトの認証」機能は、AdSense広告コードの使用を、許可しているサイトだけに制限して、広告コードが無断で使用されないようにする機能で、AdSenseを利用する際の必須の設定です。

広告コードが他のユーザーに不正使用されることが懸念される場合は、この機能を使用して予防することができます。

「所有サイト」にサイトを追加しても、「認証済みサイト」に追加せずに広告コードを配置すると、広告はサイトに表示されますが、収益にはなりませんので注意します。

サイトの認証

サイトの認証とサイト管理はリンクしています。そのため、許可サイト リストに追加したサイトは所有サイト リストにも追加されます。サイトの認証を先に設定すると、所有サイトリストにも自動追加されるので手間が省けます。

  • アドセンスホーム画面の右上の「歯車」→「設定」をクリック
  • 左サイドバーの「アクセスと認証」→「サイトの認証」をクリック
  • 「自分アカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェックを入れる
  • 「許可サイト」欄(赤枠)にドメイン名を入力→「保存」を押す

サイトの認証

サイト管理

  • 左サイドバーの「アカウント」→「サイト管理」をクリック
  • 「所有サイト」タブのURL欄(赤枠)にAdSenseを利用するサイトのURLを追加
    (「未申請」 のリストから追加することもできます)

サイト管理

これで利用開始の準備が整いました。まず最初に、広告をサイトに設置していきましょう。

  • 単価の高い広告の配信(どんな広告を)
  • 広告の配置の最適化(どこに配置する)

かが、収益向上の重要なポイントになります。こちらの広告最適化のノウハウを参考にしてください。

Google AdSenseでサイトの収益化(広告最適化ノウハウ編)
最適化をみる指標 収益性を高める3つの要素 見積もり収益額は次の式で計算されます。この3つのパラメーターを上げていくことで、収益の増...
スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする