SeesaaブログからWordPressにコンテンツを引越す方法

カテゴリー別今日の人気ランキング
スポンサーリンク

引越しの手順

WordPress の「ツール」の中にある「インポート」は、投稿やコメントなどの記事データーを記録したエクスポートファイル(データーベース)を、WordPress に取り込む機能です。

この機能を利用すれば、WordPress 同士のインポート以外にも、他のブログのエクスポートファイルを WordPress のコンテンツとして読み込むことが可能です。ただし、

WordPress に読み込むことのできるファイル形式は、Movable Type(MT)形式のデーターベースをバックアップとしてエクスポートできるブログに限られます。

エクスポートファイルを加工することで、WordPress への移行が可能になります。手順は、

  1. Seesaaブログの記事をエクスポート
  2. Seesaaブログの画像をWordPressにアップロード
  3. エクスポートしたファイルの画像リンクを編集
  4. エクスポートファイルをWordPress にインポート
  5. 記事パーマリンクやカテゴリー/タグのスラッグ修正
  6. インポートした記事や画像が表示されるか確認

既に Seesaaブログを独自ドメインで運営していて、Seesaaブログから WordPress に、記事のURLをそのまま引き継ぎ、ブログの検索順位や評価を引き継ぎながら引越しする方法は、こちらを参照してください。

Seesaaブログから記事のURLをそのまま引き継いでWordPressに引越す方法
はじめに 以前、Seesaaブログの記事をエクスポートした「logファイル」(注1) をもとに、WordPressで記事やカテゴリーのリン...

Seesaaブログの記事をエクスポート

Seesaa管理画面の「設定」→「エクスポート」をクリックし、エクスポート画面を開きます。

文字コードは「utf-8」のまま、取得範囲ですべての記事が入るように日付を設定し、コメント/トラックバック/タグの部分は必要なモノにチェックを入れ、「エクスポート」をクリックします。

Seesaaブログ記事のエクスポート

エクスポートが始まり、ダウンロードフォルダに「mtarchive-アカウント名-2014-11-2015-01.log」という拡張子「.log」のファイルが保存されます。

記事件数が少ない場合は、そのままエクスポートがはじまりますが、長期間の記事データ取得の場合は、件数が多すぎるため、エクスポートエラーになり、そのままではエクスポートができません。
その場合は、「エクスポート予約」で全記事データの一括エクスポートを行います。詳細はこちらを参照してください。

Seesaaブログの全記事をエクスポート予約で一括取得する
はじめに Seesaaブログでは、2015年より新デザインシステム(注)が導入され、ブログ作成時に、従来デザインシステムか、新デザインシス...

Seesaaブログの画像をWordPressにアップロード

Seesaaブログには、記事と一緒に投稿していた画像データを一括して取り出す仕組みが用意されていません。

そのため、画像データは「ファイルマネージャ」から一つ一つ手作業でバックアップして、WordPressにアップロードする必要があるため、画像が多いブログの場合は気が遠い作業になります。

パソコンに画像データをアーカイブ(保存)している場合は、一つ一つ手作業でバックアップする代わりに、アーカイブ画像をWordPressに一括してアップロードすると作業は楽です。

Seesaa画像のダウンロード

エクスポートしたファイルの画像リンクを編集

画像リンクは、URLが変更になるので、エクスポートした後、テキストエディターの一括置換機能を使って、URLの置換作業を行う必要があります。

画像URLは、それぞれ次のようになっていますので

  • Seesaaの画像リンクは、http://アカウント名.up.seesaa.net/image/map.jpg
  • WordPressの画像リンクは、http://ドメイン名/wp-content/uploads/map.jpg

エクスポートしたデーターベースファイルをテキストエディターで開き、赤字部分を一括置換で WordPress の画像ファイルのURLに置換します。

エクスポートファイルをインポート

取り込み形式「Movable TypeとType Pad」を選択

WordPressの「ツール」→「インポート」から、取り込み形式「Movable TypeとType Pad」を選択しファイルをインポートします。

インポートプラグイン「Movable Type and TypePad Importer」は、初期状態ではインストールされていないので、インポート途中でインストールすることになります。

Movable TypeとTypePadを選択

Movable Type and TypePad Importerのインストール

インポートプラグインがインストールされていない場合は、インストールを促す画面が表示されます。「いますぐインストール」をクリックするとインストールが始まります。

Movable Type and TypePad Importer

インストールが終わったら「プラグインを有効化してインポートツールを実行」をクリックします。

Movable Type and TypePad Importerのインストール

エキクポートファイルをWordPress にインポート

先ほど保存したSesaaブログのエクスポートファイル「mtarchive-アカウント名-2014-11-2015-01.log」を「ファイルを選択」ボタンから選択して、「ファイルをアップロードしてインポート」を押します。

インポートファイルの選択

作成者名の確認画面が表示されますので、必要なら引越し先の作成者名に変更し、「Submit」を押すとインポートが始まります。

投稿者名の確認

「All done.Have fun!」が表示されたら、インポートは完了です。インポートされた記事一覧が上に表示されますので確認します。

インポート完了

「投稿」→「投稿一覧」を表示し、記事が正常に取りこまれているかの確認をします。カテゴリーやタグもきちんと移行できてるのが確認できます。

インポート結果の確認

記事パーマリンクやカテゴリー/タグのスラッグ修正

「スラッグ」とは、「ページ名(URL)」の最後の部分を好きな文字列に指定できる機能のことです。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。

記事パーマリンクのスラッグ修正

記事をインポートしたあとのパーマリンクのスラッグは、インポートしたすべての記事が同一の「post-0-2」となっています(赤枠内)。面倒でも手作業で修正しましょう。

スラッグを修正すると、トップページの表示も、投稿ページの連続表示から一覧リスト表示に戻ります。

記事URLの修正

カテゴリーやタグのスラッグ修正

日本語のカテゴリーやタグを使っている場合、そのスラッグも日本語のままで、URLの日本語部分がURLエンコードされ、非常に長いURLになってしまいます。

    ⇓

「投稿」→「カテゴリー」(「タグ」)→「編集」から「カテゴリーの編集」(「タグの編集」)を開き、スラッグを「ブログカスタマイズ」から「blog-customize」と英語表記に変更します。

カテゴリースラッグの修正

インポートした記事や画像が表示されるか確認

最後に、投稿や固定ページを表示し、インポートした記事や画像などが正しく表示されているか、リンク切れはないかなどを確認します。

【Seesaaブログの元記事】

記事ページの確認(Seesaa)

【インポート後のWordPressの記事】

記事ページの確認(WordPress)

Seesaa 関連 おススメ記事

スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする