WordPress の乗っ取り・改ざんを防ぐためのセキュリティ対策法

by ブログ工房 「 Security 」記事で、今日一番読まれているページ TOP 5
カテゴリー別人気ランキング

はじめに

WordPressでサイトを構築しているなら、セキュリティ対策はなるべく早くしておきましょう。WordPressはオープンソースのCMS(コンテンツマネージメントシステム)のため、ユーザーが多く、プログラムが公開されているため、脆弱性が発見されやすく、ハッカーの標的になりやすい特徴があります。
ひとたびセキュリティの穴が見つかると、そこを突く攻撃が一気に盛んになるからです。

セキュリティー対策の基本的考え

  • WordPress乗っ取りの手口はログインページからの「リスト型攻撃」と「総当たり攻撃」がある
  • 不正ログイン阻止とソフトの脆弱性対策で「侵入の入口をふさぐ」を第一優先とし
  • 次に侵入されたあとの改ざん阻止で「被害軽減」を計る
  • さらに最悪の事態でも「サイトを復元」できる

※1)リスト型攻撃:別のサイトなどで流出した大量のIDとパスワードの一覧表を使ってログインを試みる攻撃。同一のアカウント情報を別のインターネットサービスでも使い回す可能性が高いという習性を突いた攻撃
※2)総当たり攻撃:パスワードを力任せの総当たりで試す攻撃。ユーザー名とパスワードの組み合わせを自動生成して試す

WordPressの乗っ取り・改ざんを防ぐための対策法

プラグインを導入せずにできる、WordPressの乗っ取り・改ざんを防ぐための効果的なシンプルな対策法を備忘録としてまとめました。

参考:「WordPress の安全性を高める」WordPress Codex 日本語版
   「WordPressのセキュリティを徹底強化」の対策の有効性を知る
   WordPressの侵入対策は脆弱性管理とパスワード管理を中心に考えよう

不正ログインを阻止する

【A】ログインパスワードを長くて複雑なものにする

WordPerssの仕様上、ハッカーは容易にそのユーザー名を知ることができます。それならば、ユーザ名がわかってしまうことは許容し、パスワード管理に注力することが得策と思います。それには強固なパスワードをつけることが第一優先であり、その他は副次的な対策である、と考えたほうがいいかもしれません。

長くて複雑なパスワードを設定することは、侵入させないためのセキュリティの基本中の基本です。パスワードは文字数が増えるほど、また使われている文字種(数字、英小文字、英大文字、記号など)が増えるほど、強度は高まります。

安全で覚えやすいID/パスワードの作り方

自分が覚えやすく、他人から推測されにくいID/パスワードを作る有効な手段が、ID/パスワードを作る際の「自分だけの秘密のルール」を作っておくことです。
そして、このルールに従って「サイトごとに異なるID/パスワードを設定」します。詳細は以下を参照してください。

安全で覚えやすいID/パスワードの作り方
使い回しも、覚える必要もないパスワードの作り方 2013年にあるレンタルサーバで運用されている8000件以上のWordPressサイトが改...

WordPressインストール時のパスワード強度チェック

WordPress にはパスワードの「強度チェッカー」が内蔵されています。パスワードを登録・変更する際にはこれを活用し、強度が十分かどうか確認しましょう。

【強力】【普通】【脆弱】【非常に脆弱】の4段階があります。

パスワードの強度メーター

WordPressインストール後のパスワード変更時の強度チェック

パスワード変更時は「ダッシュボード」→「ユーザー」→「あなたのプロフィール」から、管理画面にパスワードを入力して「強度チェッカー」で判定します。

新パスワードの強度メーター

【A】他のサイトで使用したIDとパスワードの使い回しをしない

現在、多くのオンラインサービスに個人情報が登録され、ID/パスワードが主な認証手段となっています。多くの人は単純なID/パスワードを設定し、その上すべてのサイトで使い回しているのではないでしょうか。

この結果、ID/パスワードが1つ流出すると、すべてのサービスにログインすることが可能となる危険性をはらんでいます。

上述の「安全で覚えやすいID/パスワードの作り方」の「自分だけの秘密のルール」を参考にサイトごとに異なるID/パスワードを設定するようにします。

【A】ユーザー名とブログ上の表示名を別のものにする

WordPerssは、ログインユーザー名が外部に知られやすいという特性があります。WordPressが狙われやすい理由は、対策をしないと「ユーザー名が一目瞭然」となってしまうことです。

デフォルトの設定だと、ログインに使うユーザー名と、記事の執筆者であるブログ上の表示名は同一です。記事を見るだけで、ログインIDがわかってしまいます。

以下の手順で、ユーザー名とは別の執筆者名のみを公開するように設定します。

  1. ダッシュボードの「ユーザー」→「ユーザー一覧」とクリックし、表示されたユーザー名の下の「編集」をクリック。
  2. 「ニックネーム(必須)」にすでに設定されているユーザー名と別の名前を設定。「ブログ上の表示名」で、新しく作ったニックネームを選択して保存。

こうすることで、記事の執筆者名とログインIDを別個のものにできます。

ユーザー項目設定

【B】ログイン画面にアクセス制限(IPアドレス制限やBASIC認証)

パスワードリスト攻撃(リスト型攻撃)やブルートフォース攻撃(総当たり攻撃)による不正ログインは、必ずログインページにアクセスしなければなりません。

WordPressでログインページに該当するのが「wp-login.php」というファイルです。
なので、このファイルに対するアクセス制限を設定しておきましょう。

.htaccess によるIPアドレス制限

ログイン元のIPが一定である場合、ログインページファイルである「wp-login.php」のあるディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します(xxxはIP)。

.htaccess と .htpasswd によるBASIC認証

IP制限が難しい場合は、BASIC認証をかけます(IP制限との併用可)。「wp-login.php」のあるディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します。

(注1)サーバのルートディレクトリ「/」から始まる「サーバ内のフルパス」
   (FTPソフトを使ってファイルをアップロードする際の表示で確認できます)

ユーザー名とパスワードを格納するファイル .htpasswd の作成方法およびBASIC認証については、下記ページを参照してください。
BASIC認証でアクセス制限をかける方法

【B】FTPのSSL/SSH暗号化通信とアクセス制限

FTPは、通信されるデータが平文のままで暗号化されていないので、第三者による盗聴(ファイルを覗き見る行為)の恐れがあり、FTPパスワードが盗聴され、サイトを改ざんされることもあります。
さらに、FTPサーバーへのアクセス制限を設定しFTP接続元を制限します。

FTPのSSL/SSH暗号化通信

SSL/SSH暗号化通信が使用できる場合は、サーバーへのログインやファイルアップロードは、FTP接続ではなく、FTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS)または SFTP(SSH File Transfer Protocol)を使ってサーバーへ接続を行います。

「wp-config.php」に以下を追記してSSLを強制させます。

※WordPressの標準機能では、SFTPには対応していないので、プラグインが必要です。

.ftpaccess によるIPアドレス制限

ログイン元のIPが一定である場合、サーバーの「/」直下など、アクセスを規制するディレクトリの中に下記内容で .ftpaccess を設置しFTP接続元を制限します(xxxはIP)。

本体やプラグインの脆弱性への対策

【A】WordPress本体やテーマ・プラグインは、常に最新版にしておく

WordPressでは、セキュリティやメンテナンスでの修正があった場合(バージョン4.6から4.6.1など、3桁目の番号が上がるとき)は管理者が何もしなくても自動更新が行われる仕組みがあります。

ただ、機能追加(1桁目や2桁目の番号が上がるとき)は標準では自動で更新されませんし、プラグインやテーマも自動では更新されませんので、管理画面に表示される更新通知を確認して更新することが必要になります。

古いバージョンを使用しているということは、セキュリティに問題のある部分をそのままにしているということですので、常に最新の状態のソフトウェアを使用することを心掛けましょう。

【A】テーマやプラグインは、WordPress公式のものを利用する

公式ディレクトリに登録されているテーマ・プラグインは自動アップデートが可能なため常に最新版が利用できます。品質のよくないWordPressのプラグインやテーマをインストールしてしまうと、そこから攻撃されてしまう可能性があります。
どうしても使いたいものがある場合以外は、公式のものを使ったほうが良いでしょう。

下記いずれかに当てはまるテーマやプラグインはインストールするのをできるだけ避けたほうがよいです。

  • WordPressの公式のプラグインやテーマ一覧からインストールできない
    (公式の一覧は審査が行われているため、一定の品質は保たれている)
  • WordPress本体の最新バージョンに対応していない
    (たとえ公式の一覧に載っているものでも、最新バージョンに対応していないものは予期しない不具合が起こる可能性がある)
  • ダウンロード数が少ないなど、有名なものではない
    (沢山の人が使っているものであれば、ある程度品質は保たれていると推測できる)

【B】使用していないテーマやプラグインは削除する

本当に必要最小限のプラグインとテーマのみを導入し、使用していないテーマは削除しましょう。また、使用しないプラグインは「無効」ではなく「削除」します。
プラグインに脆弱性が存在した場合、その脆弱性が狙われる可能性があるからです。

ログインされても改ざん出来ないようにする

【C】wp-config.phpファイルの保護

データベースのアカウント情報が記載されている「wp-config.php」のファイルは、WordPressで最も大切なファイルの1つでが、外部に公開されているPHPスクリプトなのでこのファイルにアクセスしても何も起きません。

問題は、wp-config.phpに記述されたデータベースのユーザ名やパスワードが漏洩することです。この情報が、ハッカーの手に渡ってしまったら、データベースが直に操作されてしまう危険性があります。

.htaccess で外部からアクセス出来ないようにする

「wp-config.php」のあるディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します。

パーミッション設定を600に変更する

使用しているサーバーが共用のレンタルサーバーの場合、wp-config.phpのパーミッションを600(所有者しか読み書きできない設定)や400(所有者しか読み込みできない)にしてファイル保護するのは自己防衛策としてはありです。

【C】/wp-admin/ディレクトリの保護

投稿一覧、テーマ編集、ウィジェット、プラグインなどの管理画面(ダッシュボード)は /wp-admin/ 以下にあります。ただし admin-ajax.php のみプラグインで使っている物があるのでアクセス制限の対象から除外します。

.htaccess によるIPアドレス制限

ログイン元のIPが一定である場合、/wp-admin/ ディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します。

.htaccess と .htpasswd によるBASIC認証

IP制限が難しい場合は、BASIC認証をかけます(IP制限との併用可)。/wp-admin/ ディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します。

(注1)サーバのルートディレクトリ「/」から始まる「サーバ内のフルパス」
   (FTPソフトを使ってファイルをアップロードする際の表示で確認できます)

ユーザー名とパスワードを格納するファイル .htpasswd の作成方法およびBASIC認証については上述の「ログイン画面にアクセス制限」を参照してください。

【C】データベーステーブルの接頭辞を、デフォルト値から変更する

WordPressをインストールした際に、特に何も指定しなければ、作成されるデータベースのテーブルには「wp_」という接頭辞(プレフィックス)が付けられます。このままだと「テーブル名」が特定されてしまうので、セキュリティ上からも好ましくありません。

WordPressインストール時

インストール時であれば変更は手軽にできるので、しておいてもよいと思います。「データベーズ情報の入力」画面の「テーブル接続辞」(黄枠欄)にデフォルト値から変更する接頭辞を記述します。

データベーズ情報入力

WordPressインストール後に接頭辞を変更する場合

変更の手順は、次の3ステップです。作業前にはいつでも元に戻せるよう、必ずバックアップを取ってから作業してください。

  1. 接頭辞を書き換えるSQLの作成
  2. データベースの書き換え
  3. wp-config.phpの書き換え
WordPress データベーステーブルの接頭辞を変更する方法
データベースの接頭辞を変更する手順 WordPressをインストールした際に、特に何も指定しなければ、作成されるデータベースのテーブルには...

万が一ハッキングされてもサイトを復元できる

【A】定期的にバックアップをとっておく

ウィルスや不正プログラムは日々進化しています。セキュリティ対策と同時に、万一ハッキング被害に遭った時のために、定期的にバックアップをとっておく事も必須となります。

バックアップを取っておけば、ハッキング被害に遭っても復元できるので安心です。
WordPressの「インポート/エクスポート」を使ってサイトをバックアップし復元する
WordPressのデータ WordPressのバックアップを、プラグインを使わずに取得し、それを復元する方法について備忘録としてまとめま...

データベースのバックアップ・復元を、WordPressのエクスポート/インポート機能の代わりに、MySQLのphpMyAdminを使って行う方法はこちらを参照してください。

phpMyAdminを使ってMySQLのデータをバックアップ・復元する方法
phpMyAdminとは ブログで書き貯めた大事なデータを守るため、定期的にデータベースのバックアップを取っておくことは必須です。不測の事...
スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!