SimplicityにGoogle ウェブマスター ツールとアナリティクスを設定する

カテゴリー別今日の人気ランキング
スポンサーリンク

はじめに

WordPressのテーマ「Simplicity」には、簡単に

  • ウェブマスターツールの所有権を確認するためのタグをブログのHTMLに挿入できる機能
  • 全てのページにGoogleアナリティクス トラッキングコードを設置する機能

が用意されています。この機能を使って、SimplicityにGoogle ウェブマスター ツールとアナリティクスを設定する方法です。

設定が終ったら、ウェブマスターツールとアナリティクスを連携すると、サイトのSEOの状況がわかる「検索エンジン最適化」というメニューが使えるようになって大変便利です。
(注)「検索エンジン最適化」とは、SEO(Search Engine Optimization)の日本語訳です。

GoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスを連携するには、ウェブマスターツールとアナリティクスが共通のGoogleアカウントで登録されていることが必要です。

所有権確認用のタグの取得

Googleウェブマスターツールを利用するためには

  • Googleウェブマスターツールのアカウント登録
  • サイトを追加
  • 所有権の確認
SEO対策に必須のGoogleウェブマスターツールの設置と使い方
Googleウェブマスターツールでできること Googleウェブマスターツールとは、Googleが提供している、主にSEO(検索エンジ...

が必要となります。上記ページの「METAタグを選択の場合」の方法から、所有権確認用のタグを取得しメモします。

トラッキング IDとトラッキングコードの取得

Googleアナリティクスを利用するには、

  • Googleアナリティクスのアカウント登録
  • トラッキングID/コードの取得
  • トラッキングしたいすべてのページにトラッキングコードの設置
SEO対策に役立つアクセス解析ツール「Google Analytics」を設置する
Google Analyticsとは Google Analyticsとは、Googleが無料で提供している高機能なアクセス解析ツール...

が必要です。上記ページの「トラッキングIDの取得」の方法から、トラッキング IDとトラッキングコードを取得しメモします。

タグとコードをSimplicityに設定する

Simplicity設定

Googleアナリティクスの「トラッキングID」やGoogleウェブマスターツールの「所有者確認ID」をフォームに入力して設定すれば、
テーマファイルの編集や複雑な設定をすることなしに、GoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスが連携してデータ収集を開始できるようになります。

「外観」→「カスタマイズ」→「アクセス解析(Analyticsなど)」を選択します。

  • 「ウェブマスターツールID」欄に、所有権確認用のタグ(google-site-verification=f7RVDNiVaxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxMFaNWebOq6o)の赤字部分を貼り付けます。
  • 「Google AnalyticsトラッキングID」欄に、トラッキングID(UA-60xxxxxxx-1)を貼り付けます。トラッキングコードはSimplicityが自動生成してくれるので使用しません。

設定を保存して、ウェブマスターツールとアナリティクスの設定は終了です。

所有権の確認

タグの挿入が終ったら、「ウェブマスターツールの使い方」の「METAタグを選択の場合」ページに戻り、「確認」ボタンを押して、所有権の確認を行います。所有権の確認が完了すれば、ウェブマスターツールが利用できるようになります。

また、Simplicityは、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定するだけでGoogleアナリティクスの計測を開始します。

設定終了後に、所有権確認タグやトラッキング ID/コードを調べる方法はこちらです。

Webmaster Toolsの所有権確認タグ、Analyticsのトラッキング ID/コードを確認する
設置直後ではなく後から確認するには Googleウェブマスターツールを利用するためには Googleウェブマスターツールのアカウ...

ウェブマスターツールとアナリティクスの連携

ウェブマスターツールとGoogleアナリティクスを連携すると、Googleアナリティクスで、ウェブマスターツールのデータを見れるようになります。

連携の手順は、上記「SEO対策に必須のGoogleウェブマスターツールの設置と使い方」の「Googleアナリティクスとの連携」を参考にしてください。

  • どんな検索ワードでGoogle検索ページにサイトのページが表示されたのかを調べるには、「集客」→「検索エンジン最適化」→「検索クエリ」を選びます。

  • 「集客」→「検索エンジン最適化」→「ランディングページ」では、サイトでどのページが検索結果に表示されたのかがわかります。

検索エンジン最適化

スポンサーリンク
wp_レクタングル (大)
wp_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

シェアする

フォローする